Rikka Blog

私と世界の法則のないもの The parfect tomorrow and everything of one

日本の異常さについてー全ての女性が性犯罪被害者であることが容認されている社会

今日は、イギリス人のオックスフォード大学出身の人類学者さんと話をしました。

彼女は、日本の風俗営業が日本社会に与える影響を研究をしていました。
日本では性行為を売買することが合法であり、それは他の国からしてみると考えられない異常な状況だと言います。

第二次世界大戦後、「売春」というセックスをする行為の売買は違法になったけれど、それ以外の広い意味での性の売買、風俗店やアダルトビデオ、成人雑誌や未成年の水着写真(軽ポルノ)は合法のままで、現在に至るまで変化していません。

 

それにより、社会環境に大きな悪影響を及ぼしている、と彼女は言います。

 

私は以前からそのことについてSNSなどで発信していました。
でも日本人には理解してもらえません。

 

風俗店やアダルトビデオ、コンビニエンスストアで販売されている成人雑誌。また、漫画雑誌の表紙には未成年の女の子の水着写真。

男性が女性を性のおもちゃとして扱うは当然の行動だと言わんばかりの環境です。

 

その結果、盗撮や尾け回し、痴漢行為が当たり前のように蔓延するのが日本です。

 

よく外国の人に、日本で痴漢が当たり前のように起こる理由について聞かれます。

他の国では考えられないからです。

 

「変態」という人種について聞かれます。

他の国では考えられないからです。


男性は女性に対し横柄な態度をとることが普通で、例えば男性店員は女性客を軽んじ、女性店員は男性客に対し媚びなければならないというのが当たり前の状況です。
これは、社会全体における精神的な虐待と言えます。


「日本は良い国だとよく聞くけど、そのたびにそんなことはないと教えています。日本では男尊女卑の思考が根深く、女性は常に男性からの性的な攻撃にさらされています。」
そう彼女は話してくれました。


この現状を日本女性が正しく認識し、異常であることに気づいてくれること。
政府や教育機関は風俗店やアダルトビデオ、成人雑誌、漫画雑誌に至るまで、性行為を売買するものに関して厳しい規制を作ってくれることを切に願います。

 

スクラブダディ Scrub Daddy 世界中で大人気の食器用スポンジ

f:id:rikka2016:20180215083930j:plain

スウェーデンで出会った、スマイルの形の食器用スポンジ。

たわしのようなものなんだけど、固すぎず柔らかすぎず、食器を傷つけないでしっかり洗える感動の一品でした。

スウェーデンで一個買って(もらって)、使ってたんだけどだんだん擦り切れてついにボロボロになったので新しいのを買おうかと思ったら、

 

たかい

2374円てなんだ_:(´ཀ`」 ∠):

 

スクラブダディーさんのサイトでは一個3ドル48セント。(400円弱くらい)

www.walmart.com

 

仕方ない、これはもう自分で輸入するしかない。

海外のおすすめ製品を販売する輸入通販サイトでも始めようかしら。

 

本気でそう思ってしまうくらい、このスクラブダディースポンジは使い勝手がいいんです。

だれか、どこかで売っているのを見かけたらおしえてください。

スクラブマミーもあるよ。

www.walmart.com

 

「マナーが人を人たらしめる」映画キングスマンに登場する英語の諺と、マナーに欠ける日本人と未来について

f:id:rikka2016:20180107203330j:plain

‘Manners Maketh Man’

◇読み方:マナーメイキスマン

◇直訳:マナーは人を作る(イギリスの諺)

◇意味:人間性には、マナー(礼儀正しくあること)と丁寧さが不可欠である。
また、常習的に礼儀正しく丁寧に行動することで、動物ではなく、人間らしい人格を形成することができる。

◇参考元

www.importantindia.com


マナーにかけた下品な行動は日本人の、特に男性によく見受けられます。

 

さて今日は、二人乗りでバイクを走らせる男性が、道を横断しようとした子どもに「どけ馬鹿野郎!」と怒鳴る様子を目撃しました。

制限速度30kmの道ですが、守ることもなく、その場にいた警察の制止も無視して走り去りました。

 

また、狭い坂道を下る自転車に対しクラクションを鳴らし、その自転車が歩道の縁石に衝突したのをあざ笑い、中指を立てるポーズを見せて走り去った男性を見ました。
(車のナンバーは 「品川 た ..18」 小さいクラシックなデザインの深緑の車です。運転手は20代後半から30代の黒髪短髪、黒縁メガネの男性 警察には被害届を提出済み。逮捕したいのでお心当たりの方はご連絡お願いします。)

 

道にツバを吐く、タバコをポイ捨てする、いきなり女性や子どもに怒鳴りつける。

部屋を一歩出るとそんなのにいつも出くわします。

子どもを連れている母親や、困っている人を助ける人なんてみたことありません。

 

他の国ではどうでしょうか?
少なくとも、私が旅したヨーロッパ諸国や、オーストラリア、ニュージーランドでは全く様子が違います。

 

車やバイクは歩行者を優先し、車椅子やこども連れの人たちには手助けをします。
ヨーロッパを旅していた時、階段の上り下りの時はいつも通りすがりの男性が私の大きなスーツケースを持ってくれました。
ちなみにセリフは「I can manage」です。
かっこいい。

 

ロンドンで、歩道で転んでカバンの中身をばらまいた時は、周囲の人たちが我先にと拾ってくれました。
(ちなみに一昨日、中目黒のスーパーでたくさん買い物をして自転車のカゴに載せようとしたら自転車が倒れてしまい、袋が自転車にひっかかって手が抜けずかなり困ったんですが、たくさん人がいたのに誰も助けてくれませんでした)


動物や自然にも敬意を払っており、むやみやたらに犬や猫を排除しようとする日本社会とは異なります。

 

高潔さも誇りも親切心もなく、マナーにかけた日本人は、その他のマナーにかけた国々と同様、多くの人々は正体のわからない苦しみに悩まされながら、勝手に卑屈になって貧乏になって、凶悪な権力者や一部の金持ちに搾取されていく社会になるんです。

 

今日、「なぜ未来を見ることが大事なのか」というTEDのスピーチを題材に英語と日本語で色々な国の人と議論しました。

 

 

なぜ未来を見ることが大事なのでしょうか。

 

全ての結果は自分の行動のせいだからです。

誰のせいでもない、自分のせいです。

 

コレステロール値の高い食べ物ばかりたべてぶくぶく太るのも、
恋人に暴力を振るわれて浮気されて苦しむのも、
貧乏な状況から抜け出せないのも、
すぐにカッとなってマナーにかけた恥ずかしい行動をさらすのも、
自分が会社にこき使われて過労死するのも、
地球の環境破壊に対し何もせず、あらゆる動物や自然が死滅させ、子供たちを死に追いやるのも、

すべて自分のせいです。

 

自分のせいだと思わず人のせいにして、自分を変えることも社会を変えることも何もしない自分のせいです。


今のままで何もしないなら、未来はどのようになるか。


一時間後も10年後も同じです。

 

マナーに欠け、人を助けることも自然や動物に敬意を持たない日本人の未来は?

 

頭のいい人なら、こんなところに居たくないと感じるはずです。

実際に多くの私の友達は海外へ出て行きました。
また、その他多くの友人は海外移住を計画しています。

 

賢明な人たちがどんどんいなくなり、
残るのは無知で愚鈍な年寄りと、貧乏なこども。気が弱いか頭の固いヒステリックな女性、マナーに欠けた粗暴な男たち、自分がおいしい思いをすることしか頭にない政治家や権力者。
そんな場所になるんでしょう。

そういう未来を変えようとせずに、ただ自分が楽するために生きるか、

少しでも社会を変えていこうと行動を始め、本当に人間らしくイキイキと輝く人生を生きるか。

 

今の行動がかんたんに数時間後、10年後の結果を決めてしまいます。

 

マイナスの社会で苦しむか、プラスの社会で刺激と希望に溢れた日々を送るか。


‘Manners Maketh Man’

この言葉は、まさに今どのように行動し、何を考えるべきかを教えてくれる指針となる言葉です。

 

 

ところで映画Kingsman にはほとんどふれませんでしたが、めっちゃかっこよくて最高に好きです。

早くロンドンで暮らしたい。

 

世界が英国紳士だらけになったら最高だなって思います。

f:id:rikka2016:20180107203450j:plain

コリンファースの英国紳士エージェント姿が最高にクールです。

中高年男性の女性に対する高圧的態度、迷惑行動を許さない社会を求める

つい先日、犬の散歩をしていたら、50代後半くらいの男性がよそ見をしていて私の犬を蹴り、リードに足をひっかけころびそうになりました。

こっちは止まっていたんです。

犬は蹴られた痛みで叫びました。

 

その男性は謝るどころか、こちらを睨みつけ、苛立たしげになんども私の方を振り返って歩き去りました。

 

中目黒の駅前での話です。

周りの女の人が、「大丈夫?かわいそうに」と私の犬を慰めてくれました。

正直、こんなことは日常茶飯事です。

 

男性に、特に中高年の日本人男性に対し、意識の是正を求めていこうと思っています。

 

 今年3月、中目黒のパン屋さんに入ると、女性の店員に60代くらいの男性が大声で怒鳴りつけていました。

「このばかやろう!」と何度もしつこく怒鳴っています。

女性店員はただ謝るばかり。

 

私が店に入る前からしばらく続いていたらしく、

店内は緊張した雰囲気で、カフェスペースで食事をしているお客さんはみんなその様子を何も言わず伺っていました。

 

その怒鳴り続ける男性客以外、みんな女性です。

 

店に入った時からずっとそんな様子で、私は驚いて男性客に近づき、一体何が起きているのか確認しました。

「ばかやろう、ふざけんな、このくそったれ」

罵倒の言葉が続き、これは迷惑行為だと判断したので、

「やめなさい、クレームがあるなら店長を呼んで冷静に相談しなさい」と注意しました。

すると激昂したその男性客は私に「うるせえ!」と怒鳴り、女性店員へ怒鳴りつけることをやめません。

 

外へ出るように言っても聞かず、店内で怒鳴り続ける男性客。

男性客の足元に男性の荷物とおぼしき紙袋があったので、それに手を伸ばすと、その手を叩かれ、肩を殴られました。

 

外へ出ろ、と叱咤すると突然その男性客が

「こいつが俺を蹴った!」と怒鳴り始めました。

そして、なんとその男性客が自ら警察に電話をかけ、警察を呼びました。

 

やってきた警察に一部始終を話し、その男性客を逮捕するようにお願いしたのですが、

 

あろうことかその男性客は自分が被害者だと言い張り、

 

警察は店内にいた店員に、私がその男性客を蹴ったところを見たか、と尋ね、誰もみていないと言うと

「だれも見ていないので真実はわからない」

と言い出しました。

蹴っていないんだから見ていないのは当たり前だろうと言ったのですが、その警察官は理解せず、

 

私に、その「男性客に謝るように」と言い始めました。

 

本当に驚くべきことです。

 

私が謝るべきことは何一つないのに、です。

 

しかしそうすれば全て丸く収まるということでした。

 

結局、その男性客は怒鳴り散らし私に蹴られたと言い続け、

警察は私に、「少しは触ったんじゃないですか?とりあえずその点だけ謝ってください」とその場を丸く収めようと私を説得し始めました。

 

その時は仕事の時間が迫っており、すでに2時間以上経っていたので面倒臭くなり、

「さわってごめんなさい」と言いました。

 

するとその男性客は

「ほら、俺の言った通りだろ!みんな聞いたな?!おれは蹴られたんだ!」と大喜びし、去って行きました。

 

これは警察の不手際でもあるし、私の弱さでもあります。

 

しかし、元を正せば、その男性客が犯罪行為を犯しており、逮捕されるべきであったことは確かです。

 

その警察官は最後に私に

「もし迷惑行為を見つけても注意しないように。自分が面倒な目に遭うだけなんだから」と言いました。

 

正義とは、法律とは、加害者とは、被害者とは一体なんだろう?

 

被害に遭っている人を見ても助けるな。

 

そんな社会でいいんでしょうか?

 

男性が女性に対して怒鳴りつける行為は卑怯で醜悪な行為です。

女性は男性に力では勝てません。

弱者の恐怖心につけこんだ卑劣な行動です。

 

この事件に関して、このままにしておくつもりは毛頭ありません。

そのほかにも、男性の卑劣な行動に対し憤りを感じていることが数多くあります。

 

絶対に許さない。

そして、世の中の女性にはもっと強くなってほしいとも思っています。

 

そのために少しでもできることをやっていきたいです。

だれもが有意義な活動に取り組める世界を築く-Facebook CEO マークザッカーバーグ in communites summit 2017

こんにちは、りっかです。

現在33才のザッカーバーグが作り出した「Facebook」とは、

みんなが協力して有意義な活動(貧困や環境問題など社会問題の解決)に取り組むことのできる世界を作るためのシステムである、という言葉を目にして、

 

さて日本にはどのくらい社会問題への責任意識を持っている人がいるんだろうとまた悲しくなりました。

www.chicagotribune.com

 

食べたものとか、旅行先の写真とか、そういうものの隙間に、

ちらほら垣間見える社会への示唆。

これらは決して、みんなが協力して有意義な活動に取り組んでいるとはいえない、ちょっとしたつぶやきです。

 

日本はそろそろ、「社会をより良いものにするために活動をすること」を国民に義務付けてもいいんじゃないでしょうか??

 

 

歩行者優先だ!と何度怒鳴ったことか -日本はそんなにいい国ではないと気付いたのでイギリスに移住します3

こんにちは、りっかです。

本日こちらの記事を読みました。

 

www.asahi.com

 

実体験したことを率直に言うと、車を運転する日本人のマナーはひどすぎる。
 
イギリス、スウェーデンデンマークでは、歩行者が歩道にすこしでも近づくとすぐに車が止まってくれる。
 
日本ではほとんどの車が自分を優先する。
狭い道でもそう。
車が常に優先で、普通に道を歩いていると、タクシーや、年配者は歩行者にクラクションを鳴らしすらする。
 
私が住んでいる街、中目黒の目黒川沿いの道は狭く、車が通ると、歩行者が歩くゆとりはありません。
なのに車の侵入が許可されており、しかも車は歩行者にクラクションをならします。
 
歩行者にクラクションを鳴らすことは違反行為です。
(自転車もね)
f:id:rikka2016:20171220154847p:plain
 
これは本当にひどい。
実際にヨーロッパに行ったことがなければわからないのかもしれないけど、「歩行者優先」が実施されていないのが現実。
 
おかげで、中目黒駅周辺でなんども車の運転手に向かって怒鳴る羽目になっています。
他の人が車の運転者に対してはっきり言わないのも不思議です。
 
嘘だと思うなら、ヨーロッパへ行ってみればいい。
 
正直、日本人は全体的にはマナーが悪いです。
他の人がしていないことはしないですが、他の人がしていることであればやります。
自分の頭で考えてないからね。
 
周りの人の行動を基準にするのではなく、自分の頭で何が良いことか考えてほしいです。
 

中高生の読解力がピンチ? は大間違い。中高年、高齢層の問題の原因を他責にする性質について

f:id:rikka2016:20171205082409j:plain

こんにちは、りっかです。

 

まず前置きとして私のバックグラウンドをお伝えします。

 

約8年間、ドコモの社員向けに、新人研修やお客様対応のインストラクションを担当してきた人材育成プロフェッショナルです。日本トップのカスタマーサービスインフォメーションセンターの管理運営部署に所属し、「お客様の言いたいことを素早く理解し、かつわかりやすい説明をするプロフェッショナルなオペレーター」の育成に従事してきました。

TVアナウンサーの安住さんなどが所持している「日本話し言葉検定1級」を持っています。漢字検定は2級。

学生時代は国学論文コースを専攻。

現在は日本語を外国の人に教えており、生徒数は約300人。年始からはビジネス日本語のオンラインスクールを開始します。

 

ピンチなのは中高生ではなく問題を作成する教育者の方

 

さて、こちらの記事を読んで、大変心配になったので大急ぎで記事を書いています。

www.sankei.com

 

 

中高生のテストの内容はこちら

 

「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」の一文と、「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」の一文とが同じ意味かどうかを尋ねたところ、「同じ」と誤答した中学生は約43%を占め、高校生でも約28%が間違えた。

 

この問題を見て、何人かの人は気付いていました。

「これは、日本語力の問題というより注意力の問題では?」

 

その通りです。

この問題は、前提として前後の文章が同じか同じでないかが明確ではありません。

むしろそれを問うてしまっています。

 

つまり、読解力を発揮する前に、「印象」で判断させてしまう問題の作り方なので、

注意深く読まないと、誰でも間違える可能性がある問題です。

 

もし、読解力を測りたい場合は

「前後の文章の意味が異なっている部分を答えなさい」

このように問題をつくらなければいけません。

 

その他の問題もみてみましたが、やはり同じように、ぱっと見ではわかりにくい文章でした。

 

もう一度言います。

これは注意力のテストです。

 

注意力のテストであるなら、事前にそれを明確にしておくべきです。

「このテストは日本語の読解力を測るものではなく、わかりにくく書かれた文章をひとつひとつ注意して読むことができる能力を測るテストです」

 

私は日本語のプロフェッショナルですが、ADD(脳発達性障害)のため、集中力、注意力に欠けます。

「間違っているところを探す」ということが事前に明確になっていないと、言葉のかたちや文章の流れに注意しないので、誤字脱字などの間違いの見落としはもちろん、意味を履き違えてとらえる可能性も十分あります。

 

こんな、制限時間の中で急かされている状況で、

前後の文章に違いがあるのかないのかがわからないわかりにくい文章を並べられ、文章を声に出して読むこともできなければ、誰でもケアレスミスをおかすと思います。

 

また、語彙力の問題も指摘されていましたが、

言葉を知らないのは学生だけではありません。

ビジネス日本語をトレーニングする日本人がいるんですよ?

日本語の雑誌がたくさん売れるんですよ?

誰だって、普段聞きなれない言葉は忘れていたり、そもそも知らなかったりします。

そんなの普通のことです。

 

 

この問題を作成した教育者側、この一連の内容を記事にして公開した新聞、メディア関係者の方の無知加減に大変不安を覚えました。 

 

若年層の学力低下の原因はスマホやゲームではありません

もし本当に若年層の学力が低下しているのであれば、その原因は彼らではありません。

 

日本人の一部の人、若年層や中高年、高齢層のどこかに問題があるのなら、その問題はさらにその上の層からの連鎖で起きるものです。

 

もし若年層の言語力に問題があるなら、その原因は中高年、高齢層です。

 

若年層を愚弄することは、中高年、高齢層が自分自身の愚かさをさらけ出していながらさらに、その自覚のない低脳さをひけらかすだけです。

頭の悪い人は自分が頭が悪いことに気付きません。問題があれば人のせいにします。

 

教育の問題点はもう昔から指摘され続け、多くの人が声をあげているにも関わらず、このような自責の念に欠けた人たちが、原因について考えもせず言われたまま信じるので、現在このような結果になっています。

 

日本の大人たちは、自分たちがこの社会を作っていることを自覚していないのだろうと思います。

 

男女格差も、30年くらい前から何にも変わってない。他の国はどんどん進歩してます。Status Quo という言葉を知らない。 

世界中で今どのようなことが起きているか知らない。

日本社会のおかしなところに気付けない。

日本の公式の教育で実施される試験一つをとっても、このように本質から外れてしまっています。

細々した事務的な作業やパズル、数字が得意な人ばかりが学力が高いと見られ、物事を大きな視点でとらえる創造的なタイプの人間は学力を正しく測ってもらえません。

テスト形式がいつも筆記でしかも正答問題だけなのは変です。私みたいな人間にはかなり不利です。理不尽さすら感じます。

 

多くの人がもっと一つ一つの物事を考えるようになってくれることを願っています。