読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rikka Blog

英語の活動、イベント、アートや雑貨について書いていきます "I Love English!! "

twitter @licca2016 お仕事依頼はこちら Contact Me : Click here

3秒でわかる英語レベルと、最短で英語学習が楽しくなる方法

 

f:id:rikka2016:20150310013329j:plain

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

りっかです

 

私には、相手が ”英語初心者” なのか、そうでないかを判断するために使う質問があります。

 

「あなたは、英語の勉強が楽しくてしかたないと感じますか? または、そう感じたことはありますか?」

 

「いいえ」、と答える人は ”英語初心者” “スーパービギナー” “英語全く話せない人” であることが多いです。
英語を話せるようになりたいなあと思い、いろいろやってはみるもののうまくいかず結局やめてしまう。というパターンなのではないでしょうか?


というのも、英語に限ったことではなく、どんなことでもある程度できるようになると、「すごく楽しい!」という時期が必ず訪れます。

 

自転車に初めて乗れるようになったとき、自転車に乗って走り回るのがすごく楽しかった時期があったことは覚えてますか?
逆上がりができるようになったとき、友達とやたら逆上がりばっかりしませんでしたか?
大人になってからも、例えば、車の運転ができるようになった時は用もないのに車ででかけたりしませんでしたか? 

 

できなかったことができるようになるというのは、とっても楽しいことなんです。

 

でも初めの一歩目の、まだできない状態のときって、全然楽しくないんです。

できるようになるまで長くかかり難しいことだとみんなすぐに「もういや!」て思うんです。

でもできるようになりたいから歯を食いしばって頑張って、いやいや練習するんですが、面白くないし全然うまくならないから無駄だと思ってやめてしまいます。

 

できるようになりたいのに自分の理想と実際の能力は大きく差があり、英語学習のゴールが見えない。

そんな英語初心者のうちは、英語の勉強なんて楽しいわけがありません。

 

なるべく早くそんな英語初心者の状態を抜け、ある程度できるようになって「わーすごい楽しい!」と感じるようになってほしいです。

私もなりたかったです。

そうなるためにずっと何ヶ月も何を言っているのかわからないし、何を言えばいいかわからなくても楽しく英語と触れ合う努力をしてきました。

(まったくの見当はずれな方法でした。詳細は以下記事をご参照ください)


英語、絶対話せるようになりたいと思ったら"やってはいけない"楽しいけど間違った英語学習法 - Rikka Blog

 

そのあとは、きっと英語の何もかもが楽しくなります。
英単語を覚えたり、新しい文法を覚えたり、言い回しやイディオムを覚えたり。

もちろん英語で話す、聞く、読む書く、何もかもが楽しいので勝手に英語力は伸びていきます。

自分が英語を話せるというのを人に見せびらかしたくなったりもしますし、英字新聞をおもむろにカフェで広げて英語できますアピールをしたくなってしまったり。
自分が、まだ日本には50人に一人もいない(と私は感じます。100人に一人かもしれません)「英語が話せる人」になれるのはとても楽しいことです。

 

 

ではなる早で英語初心者の状態を抜け、英語が楽しくなるところまで行くにはどうしたらよいか。
最短方法をお伝えします。

 

 

最短で英語学習が楽しくなる方法

これら4つを同時進行で頑張ってみてください。


1・中学1年生〜中学3年生までの英語の問題集をやる

(わからないところはすぐ答えを見てかまいません)


2・オンライン英会話を始め、自分が言いたくても言えなかったフレーズをメモにとり、英訳する。

(自分で英訳が難しかったらWeb翻訳サービス、友人、オンライン英会話講師の力に頼りましょう。そのうち自分でちゃんと英訳できるようになります。)


3・映画やドラマ、動画、英語音声教材などを利用し、綺麗な英語の発音を口真似する。

 

4・英語しか話せない、共通の趣味を持つ友人を作る努力をする。

(日本語が話せる相手はあまり意味がないので注意)

 

 

一番のポイントは「自分が言いたいことを英語に訳して口にする癖をつける」という点です。


自分が英語で言いたいことを知るために一番手っ取り早いのが、

実際に自分が口にすることばを表面化する、

「英語しか話さない相手と会話をする」方法です。

 

オンライン英会話はもちろん良いツールです。

ただ、実際の生活で自分が使うことばや話したいことを知るにはやはりリアルで会話をしていないとなかなか気付きにくいので、英語しか話さない友人と時々遊びに行き、自分のことばを表面化する機会を作ることは必要だと感じました。

(ただ、自分の英語力向上を目的として友人を作るというのはなんとも寂しいですし、失礼かなあと。なので共通の趣味をもっていたり、情報交換をしたり。言語関係なく友人でありたいとお互い自然に感じる同士であるようにしています。)

f:id:rikka2016:20150310020619p:plain

 

また、「言いたいことを英語にする」ためには文法と単語が必要です。

 文法をおろそかにすることはおすすめしません。

文法が分からない場合、知らない単語を調べてからさらに毎回、語順や "to, for, on, at, in" の使い方などを調べる必要が生じます。

 

ありとあらゆる英語フレーズの本や英語学習情報記事があふれていますが、

今この瞬間、言いたいことがピンポイントでひとまとめに記載されている

ということは多分ありません。

 

例えば、休日に友達と遊びに行く約束をメッセージでやりとりするときでも、


「待ち合わせ場所と時間はどこにする?」 

「家はどこだっけ?」

「目黒。午前中会社に一旦寄らなくちゃいけないから1時過ぎがいいんだけど。」

「うん、わかった。1時に代官山でいいかな? ランチはハワイアンテーブルなんてどう? 行ったことある?」 

「行ったことないけど、多分わかると思う。ランチの後はどうするか希望ある?」

 

くらいの文量が発生します。


さらに待ち合わせ場所で出会うまでに


「電車遅延中!ちょっと遅れる!」

「もう着いてる? どの辺にいる?」

「お店の前にいるよ。先に入ってるね」

「お店は混んでる?」

・・・

 

 

これを毎回英語にするために調べていたら、それはもう苦痛で仕方ない。


頑張ってなんとか調べてメッセージを送信したとしても、一度調べたから次は覚えているかといったら、そうでもない。「あれ? なんて言うんだっけ?」と、メッセージをさかのぼって延々探すことになります。

 

メッセージならまだ時間が空いてもいいですが、会話となるとそうもいかない。

前回の記事

英語、絶対話せるようになりたいと思ったら"やってはいけない"楽しいけど間違った英語学習法 - Rikka Blog でも書いた通り、ある程度テンポよく会話ができないと、変な感じになります。

 

ただのフレーズ丸暗記は応用が効きにくいし記憶に残りにくいと私は思います。(私は特にこの丸暗記トラップにひっかかり続けてしまい、英語初心者状態が長引きました。)

毎回毎回いちいちフレーズを調べて苦しい思いをし続けるよりも、自分で文章を一から組み立てるスキルを身につける方が断然効率的でした。

 

その、「自分で文章を組み立てるスキル」がつまり文法知識と単語知識です。


文法知識と単語知識がある程度つくと、面白いくらいに会話が成立しだします。

相手が何を言っているのかわかるようになりますし、自分が言いたいことも相手に伝わります。

 

そこに障害が発生するとなるとそれは「発音」です。 
“オレンジジュース” や ”ホットドリンク”、”フラワー” “スリム” など、数え上げたらきりがないくらい多くのカタカナ英語が伝わらなかったです。日本人同士なら伝わるんですが。
また私は、発音がわかっていない単語を、相手に上手な英語の発音で口にされたら、その単語自体を知っていてもわかりません。

 

まとめ


まず、中学校3年生までの文法をしっかり頭に叩き込み、それを自分の言いたい言葉と照らし合わせて文章を作り、口に出して会話をすることをおすすめします。


しっかりやれば2,3ヶ月もすると、面白いくらいに英語で会話ができるようになっていると思います。

 

今まさに私がその状態です。


つい1月までは、英語の文法の学習が苦痛で苦痛でなりませんでした。
でも一通り中学3年生まで終わらせて、2周目までやってみたんです。(いろいろありまして・・・。)

そして、友人やオンライン英会話で、英語で会話をしました。

小さなノートを持ち歩き、あたしが英語で言えないフレーズを友だちが教えてくれるので都度メモしています。

 

f:id:rikka2016:20150310021634j:plain

【英語フレーズノート。大好きなベイマックスのシール貼りました】

f:id:rikka2016:20150310022918j:plain

【友人が教えてくれるフレーズ】

 

そしたら今まで全然できなかったのに、ちょっとずつ頭の中で言いたいことが組み立てられるようになり、瞬発力もつき、苦手だったDUO 3.0が面白くなり、相手の言っていることがわかるようになり、いつかスラスラ読めるようになりたいと思っていた大好きな英字雑誌”flow”の記事も完璧には程遠いですがゆっくりであればある程度は理解できるようになってきました。(単語知識がまだまだですが・・・。)

10ヶ月英語と触れ合うということをしてきて全然だめだったのに、文法と単語を泣く泣くしっかりやってみた途端、とっても楽しいです。

 

あと英語で話すことを重視しているのは、英語のテストの勉強だけではあまり楽しいとは感じられないと私が思うからです。

なぜなら、それは能力ではなく知識。

美しい絵を知ることと、美しい絵を描きあげることは違いますし、

サッカーでかっこいいプレーを見ることと、そのプレーができるようになることは違いますから。

 

 

おわりに

英語の学習を始めたら「できない。できるようになるなんて思えない。おもしろくない。もうやだ。・・・でも頑張ろう・・・」という辛い時期を経験をすることをお伝えしつつ、

その "英語初心者" の日々を覚悟して、数ヶ月じっくりとことん

基礎の文法と単語と発音練習に取りくみ、英語で会話をする練習をすることで必ず「楽しい!」がやってくることも知っていてほしいです。

 

そして、英語初心者状態から抜けだして英語が楽しくなったら、

世界中の人とコミュニケーションがとれて、たくさんの情報を得ることができて、世界中どこでも生きられて、

英語を始めたばかりのころには想像もしなかった可能性がありとあらゆる場所に存在していることを肌で感じてほしいです。

 

たくさんの、英語勉強したけどできるようにならないよ、という人が、英語を心から楽しめるようになることを願って、応援しています。

 

❤︎告知❤︎3月11日から全8回の初学者用英語クラス始めます。

きてね!

speaking1.peatix.com