Rikka Blog

私と世界の法則のないもの The parfect tomorrow and everything of one

中高生の読解力がピンチ? は大間違い。中高年、高齢層の問題の原因を他責にする性質について

f:id:rikka2016:20171205082409j:plain

こんにちは、りっかです。

 

まず前置きとして私のバックグラウンドをお伝えします。

 

約8年間、ドコモの社員向けに、新人研修やお客様対応のインストラクションを担当してきた人材育成プロフェッショナルです。日本トップのカスタマーサービスインフォメーションセンターの管理運営部署に所属し、「お客様の言いたいことを素早く理解し、かつわかりやすい説明をするプロフェッショナルなオペレーター」の育成に従事してきました。

TVアナウンサーの安住さんなどが所持している「日本話し言葉検定1級」を持っています。漢字検定は2級。

学生時代は国学論文コースを専攻。

現在は日本語を外国の人に教えており、生徒数は約300人。年始からはビジネス日本語のオンラインスクールを開始します。

 

ピンチなのは中高生ではなく問題を作成する教育者の方

 

さて、こちらの記事を読んで、大変心配になったので大急ぎで記事を書いています。

www.sankei.com

 

 

中高生のテストの内容はこちら

 

「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」の一文と、「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」の一文とが同じ意味かどうかを尋ねたところ、「同じ」と誤答した中学生は約43%を占め、高校生でも約28%が間違えた。

 

この問題を見て、何人かの人は気付いていました。

「これは、日本語力の問題というより注意力の問題では?」

 

その通りです。

この問題は、前提として前後の文章が同じか同じでないかが明確ではありません。

むしろそれを問うてしまっています。

 

つまり、読解力を発揮する前に、「印象」で判断させてしまう問題の作り方なので、

注意深く読まないと、誰でも間違える可能性がある問題です。

 

もし、読解力を測りたい場合は

「前後の文章の意味が異なっている部分を答えなさい」

このように問題をつくらなければいけません。

 

その他の問題もみてみましたが、やはり同じように、ぱっと見ではわかりにくい文章でした。

 

もう一度言います。

これは注意力のテストです。

 

注意力のテストであるなら、事前にそれを明確にしておくべきです。

「このテストは日本語の読解力を測るものではなく、わかりにくく書かれた文章をひとつひとつ注意して読むことができる能力を測るテストです」

 

私は日本語のプロフェッショナルですが、ADD(脳発達性障害)のため、集中力、注意力に欠けます。

「間違っているところを探す」ということが事前に明確になっていないと、言葉のかたちや文章の流れに注意しないので、誤字脱字などの間違いの見落としはもちろん、意味を履き違えてとらえる可能性も十分あります。

 

こんな、制限時間の中で急かされている状況で、

前後の文章に違いがあるのかないのかがわからないわかりにくい文章を並べられ、文章を声に出して読むこともできなければ、誰でもケアレスミスをおかすと思います。

 

また、語彙力の問題も指摘されていましたが、

言葉を知らないのは学生だけではありません。

ビジネス日本語をトレーニングする日本人がいるんですよ?

日本語の雑誌がたくさん売れるんですよ?

誰だって、普段聞きなれない言葉は忘れていたり、そもそも知らなかったりします。

そんなの普通のことです。

 

 

この問題を作成した教育者側、この一連の内容を記事にして公開した新聞、メディア関係者の方の無知加減に大変不安を覚えました。 

 

若年層の学力低下の原因はスマホやゲームではありません

もし本当に若年層の学力が低下しているのであれば、その原因は彼らではありません。

 

日本人の一部の人、若年層や中高年、高齢層のどこかに問題があるのなら、その問題はさらにその上の層からの連鎖で起きるものです。

 

もし若年層の言語力に問題があるなら、その原因は中高年、高齢層です。

 

若年層を愚弄することは、中高年、高齢層が自分自身の愚かさをさらけ出していながらさらに、その自覚のない低脳さをひけらかすだけです。

頭の悪い人は自分が頭が悪いことに気付きません。問題があれば人のせいにします。

 

教育の問題点はもう昔から指摘され続け、多くの人が声をあげているにも関わらず、このような自責の念に欠けた人たちが、原因について考えもせず言われたまま信じるので、現在このような結果になっています。

 

日本の大人たちは、自分たちがこの社会を作っていることを自覚していないのだろうと思います。

 

男女格差も、30年くらい前から何にも変わってない。他の国はどんどん進歩してます。Status Quo という言葉を知らない。 

世界中で今どのようなことが起きているか知らない。

日本社会のおかしなところに気付けない。

日本の公式の教育で実施される試験一つをとっても、このように本質から外れてしまっています。

細々した事務的な作業やパズル、数字が得意な人ばかりが学力が高いと見られ、物事を大きな視点でとらえる創造的なタイプの人間は学力を正しく測ってもらえません。

テスト形式がいつも筆記でしかも正答問題だけなのは変です。私みたいな人間にはかなり不利です。理不尽さすら感じます。

 

多くの人がもっと一つ一つの物事を考えるようになってくれることを願っています。