Rikka Blog

私と世界の法則のないもの The parfect tomorrow and everything of one

art

子どものころナウシカになりたかった (7Seeds完結)

f:id:rikka2016:20170903133942j:image

 

あー、、、7Seedsが終わってしまいました。

 

10年前

主要キャラクターで、私の理想の女性「花」のカッコよさと勇気と度胸と正義感にすごく憧れて、

花のようになりたいと思って頑張ってきました。

 

花は、悪行を公然と指摘し抗議する。

自分が被るかもしれない報復などは意に介さず、黙って見過ごすことは絶対にしない。

窮地に陥り、恐怖に襲われてもみんなの先頭に立って状況を打破しようとする。

 

漫画ではあるけれど、きっとこのような人間になりたいと望み、そうする人は存在するだろうって、願わくば自分がそうなりたいと思って、物語の続きと、花の決断を楽しみにしていました。

 

子どものころ、とても憧れて、

「このような女性になりたい」と強く思ったのは

風の谷のナウシカ」の、ナウシカです。

テトに噛み付かれ血を流しながらも、心を通わせるシーンや、

父を殺され、国を蹂躙され、憎しみと恐怖のうちにありながら、身を犠牲にする信念と覚悟の強さ。

 

優しく、また、弱さと憤怒と尊厳を持つナウシカは、私にとって至高の存在です。

メーヴェに乗るより、王蟲と対話をしたい。

 

 

風と共に去りぬ」の、スカーレットオハラにも憧れました。

 

アメリカ北部の貴族の娘として甘やかされて育ったのに、

戦争によって生活は破壊され、家族のために荒れ果てた土を自力で耕し、生き抜くんです。

奔放で我儘で軽率だけど、決して諦めず誇りを失わず、女も美貌も、使えるものならなんでも利用するけれど、

脅しや社会からの批判を跳ね返し自分を貫く強さに憧れました。

 

こんなふうに思い出していくと、自分の不甲斐なさに情けない気分になりますが、

 

改めて、さあ頑張ろうと気合を入れ直すことのできた機会でした。

 

7Seedsの番外編が楽しみです٩( ᐛ )و