Rikka Blog

私と世界の法則のないもの The parfect tomorrow and everything of one

NEW: 中目黒の川沿いに英語でおしゃべりカフェオープン!絶品ベジタリアンメニュー→Check now!
Recommend Posts 「英語が聞き取れない!からの卒業。リスニング特訓の大原則」

警告

 

 

マーティン氏は「米軍基地があることで日本はさらに危険になる。その上、新基地建設には日本の国民の税金が多く使われている。日本が他国と交流し、関係を深めれば、基地に使うはずのお金を経済活性化に回せる。そして日本をより安全にすることができる」と強調した。
 建設反対の抗議活動について「多くの人が現場でよく頑張っている」と評価した。その上で「現状を日本国民に伝え、日本政府や政治家に働き掛ける必要がある」と指摘した。

 

 

 

mainichi.jp

 

mainichi.jp

「なんだかんだ言って日本政府の高官は頭がいいし、きっと何か考えがあるに違いない。」
そう思っているかもしれませんが、近いうちにそれは全くの見当違いだったと判明します。

考えがあるなら、それは私たちにはっきり明言されるはずです。

明言できないのは、その意味が曖昧であったり、または知られては不都合だからです。

 

核兵器廃止条約に反対しているアメリカと、賛成している国々のどちらが賢いと思いますか?
カナダやフランス、ロシアはアメリカの大統領より賢いと思いませんか?
あなたの見立ては正解です。
「実は裏が・・・」なんてことはありません。それくらい、日本政府は愚かなものになっています。

みなさんが優しく、賢いく、辛抱強いことは美徳です。しかし、過大評価してはいけません。
おかしいと感じたらおかしいと述べ、相手に説明を求めましょう。
「何か高度な考えがある」と、察してあげたとしても、実は何も高度な考えなんてないこともあります。
そして、今日本政府には特に高度な考えはありません。
政治的な圧力と収賄と汚濁だけです。

 

日本は世界で唯一、核兵器による恐怖を体験した国。核兵器の廃止を世界中の筆頭となって働きかけるべきなのに、

なぜ核兵器廃止条約に反対したのだろう??

狂気の沙汰です。

 

様々な憶測が飛び交いますが、「憶測」でしかない。

私たちにはその理由が明言されない。

これこそが恐ろしい。

 

 

アメリカの手先となって、美しい海を埋め立て、経済状況よりも戦争を選ぶ私たちの政府をこのままにしてると、私たち自身が近いうちに後悔します。

 

日本政府はもともと以前から戦争をしたがっていました。

貧困層が増えれば、兵士となって兵役する人が増えます。

戦争はあらゆる規制や圧力を可能にします。
私たちの収入や所持品を取り上げることもできます。女性は男性に体を差し出し、不当な理由で逮捕されます。
戦争をしない、という約束は、戦争が始まることで「特別許可」されます。

憲法第9条があるから大丈夫だなんて思っていたら、あなたは人を殺すか、自分が殺されるか戦争に搾取されるかの道しかありません。

 

憲法第9条があるからと言って、現在の私たちの政府への働きかけごときでは戦争を止められません。政府高官が正しい意思を持っていると達観しないでください。
長いものには巻かれる世界です。

 

憲法第9条の改正を巡る論争、経済状況の低迷と貧富の差をさらに広げる経済施策、そして北朝鮮がミサイルの発射を始め、日本は核兵器廃止条約へ反対し、基地を増築し兵器を作る。

全て予定されていたことです。

今すぐに全てを公表し、今までの行動に対し謝罪し、撤廃し、無駄に戦争のために注ぎ込まれている税金を日本の経済状況回復と教育、福祉に回さないのなら、

この正しい道から外れた今の日本政府の人材を全て入れ替えなければいけません。

政治家と権力者のつながりを持たず、暴力団を完全排除し、正しさを貫く力と意思と勇気のある人たちが日本政府の中心に集まるべきです。

 

世界中の人と議論し、政府へ助言、提言し、Lobbyists (政治に関する活動を行う個人)を日本中に増やし、

私たちを完全に無視して自分たちの保身と利権と金を求める現在の政府要人、権力者たちを正しい道に導きましょう。

 

この記事にもある通り、

「日本が他国と交流し、関係を深めれば、基地に使うはずのお金を経済活性化に回せる。そして日本をより安全にすることができる」

私たちはあらゆる国の人々と意見を交わし、関係を深め、現在の日本政府の動きの違和感に気づけるようになる必要があります。

自分たちの国のことは、他の国のことを知らなければ、おかしさに気づくのは難しいのです。

 

 

世界中の普通の人たちと、私たちが一堂に会して議論したり、生活のことや文化、当たり前のことについて話し合える場を設けて行こうと思います。

外務省への協力要請を始め、様々なNGOや活動団体とともに、「普通の人が普通に様々な国の人々と意見を交わし、政治や社会問題に対し行動できる仕組み」を作っていきます。

 

どうか、みなさん力を貸してください。

また詳しくはtwitterで情報をおしらせします。

Twitter @licca2016