Rikka Blog

私と世界の法則のないもの The parfect tomorrow and everything of one

NEW: 中目黒の川沿いに英語でおしゃべりカフェオープン!絶品ベジタリアンメニュー→Check now!
Recommend Posts 「英語が聞き取れない!からの卒業。リスニング特訓の大原則」

【つぶやき】怖いなと思ったから。

こんばんわ、りっかです。

 

英語、相変わらず自分なりに頑張っています。

久しぶりなのですが、ちょっと怖いなあと思ったことがあったので、つぶやき程度に投稿します。

--------------------

「選挙に行かないなんてどうかしてる!選挙に参加して投票した自分は意識高い!」

っていうここ数日間で一気に増殖した思考と、

 

「戦争に反対なんてどうかしてる!戦争に参加してお国のために死ねるのは名誉なことだ!」

 

っていう世界大戦時代の人々の思考とが似てて恐怖を覚えてる。

 

あのね、選挙に行く行かない、投票するしないは当人の自由なんだよ。


社会の未来、自分の生活の未来のことを考えて、候補者の中からこの人だ!という人を選んで投票に行った人は、つまり、政治に興味が湧いて自分の権利をなしたということ。

 

権利(けんり)とは、一般に、ある行為をなし、あるいはしないことのできる資格。 (From ウィキ)

 

投票に行かない人も、そうする権利を持ってる。

 

たくさんの人たちの意識の流れが生まれて、大多数の意見に流される人たちがたくさんいて、流されない人たちを侮蔑するしょーもない集団意識には本当にうんざりする。

 

いいことしたら、「いいことした、私偉い!」それでいい。
ついでに、「やれてないやつ何なの? バカじゃないの?」っていういちいち他人を見下したりする必要はない。

 

本当に社会の未来、国や世界や自分たちの子供の未来のことを考えて政治に関わるのなら、今現状の選挙候補者たちの「選挙の時だけいきなり出てきて、普段何しているのかよく分からない、お金がないと立候補できない、立候補したっきり結局何してるのかよく分からない」っていうのをもっと変えるなりすることまで考えてくれるといいな。

 

それに、政治以外にも未来のためにできることはたくさんある。投票日だけじゃなくて、毎日毎日できることがある。

そこを忘れないでほしい。

 

-----------------

 

というわけで、これからも自分なりに、未来のために英語とかいろいろと頑張り続けます。

 

どうかたくさんの人がわかってくれますように。

 

りっか