Rikka Blog

私と世界の法則のないもの The parfect tomorrow and everything of one

NEW: 中目黒の川沿いに英語でおしゃべりカフェオープン!絶品ベジタリアンメニュー→Check now!
Recommend Posts 「英語が聞き取れない!からの卒業。リスニング特訓の大原則」

正義感が強く純粋な人はみんな、大きな声で自分の悪口を言える。

こんばんわ、りっかです。
f:id:rikka2016:20150929001902j:image
あたしが毎日考えることといえば

英語と、仕事と、信念と正義、覚悟、品格についてだったり、未来だったり。






変なやつですね。

で、その仲間もやっぱり変なやつなんです。


  

こちらの川代ノート、天狼院書店という、謎の書店の元店員、川代沙紀ちゃんが書いています。

今年大学を卒業したばかり。

うら若き少女が驚くほど素直に、自分の汚い部分もそのまま文章でさらけ出し、純粋な魂を感じさせてくれます。

純粋で素直な人間なんてなかなかいませんし、苛立ちや嫉妬をそのまま吐き出すなんて、「ヤなやつっ」なはずが、

この変な少女はとてもキレイで、ほんとに純粋そのもの。

彼女は、何万人もの前で自分の悪口を堂々とさらします。

その潔さ。

素直さ。

その覚悟の美しさに、わたしは惚れ込んでます。

その、さきちゃんの彼の優作さんもまた美しい純粋な魂の持ち主。

この方についてはまた今度。


さて、
人を憎らしく思い、恨みがましく感じる心は誰にでもあります。
嫉妬し、悔しい思いをすることも。

大抵、そんな気持ちは人に知られたら、嫌なやつだと思われるので隠しますよね。

で、こっそり陰口、裏工作。

嫌なやつですねー!!!

自分がそういう感情を持っていて、今憎しみと恨みと嫉妬でいっぱいだ!!

で、そんな風に思ってることを表面では隠して、匿名でネットに書き込んで陰口。

あー、嫌なやつですねー!

こんな自分の悪口を、堂々と世界中にさらす覚悟、ありますか?

自分が、ちょっとしたことで腹を立てたり、卑屈になったりしたことを、

はっきり自分で認識して、
大きな声でそんな自分の悪口、言えますか?

普通、言えないんです。

バレないように隠すんです。

隠してどうする。
覚悟を決めて、自分の悪口を思いっきり言ってみると、

それは、単純に反省だって気付きます。

反省は、自分を変えたいと願う自分に出会わせてくれます。

堂々と自分の悪口を言えるようになったら、堂々と自分の良いところも言えるようになります。

自分の悪口を思いっきりいえるなら、人の悪口も思いっきり隠さず堂々と言ってしまっていいです。

それは、単純にアドバイスや批評。

そして、ドンドン世界中のおかしなところの悪口を言っていきましょう。

みんなでジャーナリストになりましょう。

そしたら、きっと、いい未来が来るんじゃないですかね。

まずは、自分のジャーナリストになれ、と。

つまり、そういうことです。

あたしも、
英語サボってゾゾタウン見て、秋物スカート衝動買いしたこと隠しません!


ではまた!

りっか